メンタルサポートろうむ

メンタルヘルス・ハラスメント対応に強い社労士事務所です。
お問合せはお気軽に。初回ご相談は無料です。
TEL 028-652-7208  
(個人的な内容の無料相談はお受けしておりません)

「管理職」の記事一覧

若手が育たない理由と対策

若手が入ってもすぐ辞めてしまう。既存の世代に比べると、なかなか責任ある仕事をするレベルにならない。 こんな悩みを抱える会社は多いですね。 しかし、そのときに、「今どきの若いものは根性がない」「うちみたいな小さいところには […]

年上の部下との接し方

ハラスメント防止のため、管理職研修を行うと、よく「年上の部下がいて、やりにくい」「どのように接したらいいかわからない」というご質問やご相談を受けます。 また、年齢の問題だけでなく、上司が女性で、部下が男性という組合せの場 […]

相談と体験談

だれかに相談したいと思ったとき、実際に同じ体験をした人に相談する、これはだれでも考えることです。 相談する人が悩んでいることについて、相談を受ける人が同じような体験をしていた。 そのとき、どのように乗り越えたのか。 そこ […]
コプチャンチョンゴル

叱る言葉を言い換える

相手との間に上下関係を強く感じている場合、まわりから見て「そんなに怒ること?」と思うようなことでも、怒りを感じやすくなってしまいます。

話に集中しながらメモを取るには

先日行った管理職対象の研修で、こんな質問が出ました。 「実際に相談を受ける場面で、メモを取りたいときは、どのようなタイミングでとったらよいですか?」 そのときやっていたテーマは、ハラスメントの被害者や行為者から、管理職と […]

ノーと言える部下

直属の部下を自分で選ぶことができるようであれば、自分に対して「ノー」といえる人がいい。言葉で言うのは簡単ですが、部下からの批判をきちんと受け止められる人は、ほんとうの意味でおとななんだろうな、と思います。批判をオープンマインドで受けとめること、そして演技でもよいから、いつも明るい顔をしていること。これは連動した心構えですよね。このふたつの態度が身についてくれば、自分自身がラクになってきます。そして、部下からの信頼も付いてくるという、一石二鳥ですね。

疑問形で叱る

「なんでこんな簡単なことができないんだ?」 「何度言ったらわかるんだ?」 叱るときは、こういう疑問形を使いがちですね。 叱る目的が、相手をへこませて自分がすっきりするため、だったり、どちらが立場が上か思い知らせて、相手が […]

らくだの背を折った藁

the straw that broke the camel’s back 英語にこんな表現があるそうです。 つまり、重い荷物を背負えるらくだでも、どこかに限界があり、藁(わら。ふだん自分の書けない漢字は使わ […]