下野市の古民家。夏休みのおばあちゃんの家みたい。

このタイトルを見て、なんのことかおわかりの方も多くいらっしゃるでしょう。

はい、民法改正による、短期消滅時効の変更についてのお話です。

現在、労働基準法における賃金等請求権の消滅時効の期間は2年とされています。
しかし、2020年4月の民法の一部改正により、賃金を含む一般債権の消滅時効の期間について、複数あった時効の期間が統一されました。
改正後は、「知った時から5年(権利を行使することができる時から10年の間に限ります。)」とされることになっています。

これに伴い、労働基準法に規定する賃金等請求権の消滅時効の期間をどうするか?という問題が生じました。

厚生労働省では、検討会で議論を進め、「論点の整理」を取りまとめています。

まず、賃金請求権については、消滅時効は5年になる可能性が高くなっています。

数年前の未払い賃金となると、会社の方では未払いと認識していないでしょう。
つまり、残業や休日出勤の分の手当、割増分の賃金等が問題になりますね。

未払い残業代が発生しやすいのは、次の4つの場合です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
恐縮ですが、ここから先は、メルマガ読者の方限定となります。
メンタルサポートろうむのメルマガは、下記フォームからお申込み下さい。
購読は無料です。

このメルマガを申し込むと、次のようなメリットがあります。

1.人事労務に役立つ情報が手に入る。
2.メルマガでしか読めない、書き下ろしコラムが読める。
3.メンタルサポートろうむ主催のセミナーを優待価格で受講できる。

ふるってお申込み下さい。

メンタルサポートろうむのメルマガお申込み

「連絡事項」以外は、すべて必須項目です。
およせいただいた個人情報は、プライバシーポリシーにのっとり、適切に管理いたします。

お名前

メールアドレス
PCメールを推奨します。携帯メールの場合は、yhlee.org ならびに reserva-mail.comからのメールが受信できるよう設定をご確認下さい。

所属企業・団体名
個人の方は「なし」とご記入下さい。

連絡事項

確認画面は表示されません。
上記内容にて送信しますので、よろしければ下のチェックボックスにチェックを入れ、オレンジ色の「送信」ボタンをクリックしてください。