太りにくい習慣を手に入れる!マインドフルネスセミナー&薬膳スイーツのお茶会を開催し、好評のうちに終了しました。

5名様の参加でしたが、アンケートの「このセミナーで得たことは今後のあなたにとって役に立ちそうですか?」という設問の回答に、5点満点で全員5点をいただきました。

このセミナーは、ダイエットの方法をお伝えするものではありません。
ダイエットを成功に導き、リバウンドしにくくなるメンタルを、マインドフルネスを通じて作りましょう、というものです。

ダイエットというと、ふつうは「いまの自分ではダメだ」というところから始まりますが、マインドフルネスを活用すると、その出発点が違います。

太っていて、自分の体が嫌だと感じている人が、思うような体重に減らしてから、自分の体や自分自身を好きになろうと考えるのはまちがっています。もし、あなたが、本当に欲求不満の悪循環を断ち切りたいと思うなら、今の体重のままの自分を好きになるべきなのです。なぜならば、自分を好きになれる瞬間は、”今”しかないからです。”今”という時間は何ものにも代えがたい、かけがえのない時間なのです。あなたも、変化してからの自分ではなく、”今”あるがままの自分を受け入れるようにして下さい。
(『マインドフルネスストレス低減法』(J.カバットジン))

熊田康子先生オリジナルの薬膳スイーツと菊花茶

ここからはわたしの考えですが、「自分を好きになる」という言い方は、わたしも含めて、中高年女性にとっては、あまり響かないように思います。
それよりも「わたし、ちゃんとやってるよね」「これでだいじょうぶ」「悪くないじゃん」という感じで、「自分を否定しない」というほうがしっくりきます。

つまり、自己肯定です。

マインドフルネス瞑想に取り組むときの基礎になる「受け入れる」ということです。

この「受け入れる」ことができるようになると、不思議に減量もストレスフルではありません。
「あー、また食べすぎてしまった!」と自己嫌悪に陥り、そこで挫折、ということにならなくなります。

このあたりは、こちらの楽しいレポートにも触れられていますので、ぜひお読み下さい。

薬膳でダイエット8日目 | ☆薬膳サロン なつめ

オリジナル薬膳スイーツの解説中の熊田康子先生

マインドフルネスを日常に取り入れると、ダイエットだけではなく、生活すべてが変わります。

もともと、職場研修向けのメンタルヘルス講座の一部として初めたものですが、自分でも実践し、これはもっとお伝えしなくてはもったいない、と考えるようになり、このような講座を開いています。


さて、ここで速報です。
このセミナー&お茶会は、次回は宇都宮にて12月7日に開催します。
詳細はまたご報告しますが、まずは手帳に書き入れておいて下さい。