CIMG3430

例年、4,5,6月が忙しく、7月8月はちょっと一息という感じなのですが、今年は、7,8月で日帰り出張が4回、しかも全部別の内容のセミナーということで、多忙な日々でした。

とりあえず、一段落というところです。、

 +。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:+。::゚。:.

怒りは身近な感情であるとともに、対処することが難しい感情でもあります。毎日イライラムカムカ。こんな状態では自分が疲れ、意欲を失うだけではなく、周りとトラブルを起こしてしまうかもしれません。

このセミナーでは、怒りの原因になっている自分自身の思い込みに気づき、怒らなくてもよいことでイライラカリカリする生活から脱出することをめざします。

少人数でワークを行うことにより、講師や、ほかの参加者から、ていねいなフィードバックをしてもらい、新しい自分に出会えるかもしれません。

怒りをコントロールする方法を学んで、仕事でも家庭でも、余裕のある生活を手に入れましょう。

9月16日 怒りをコントロールするセミナー

 ==========================================

   ■■ 危険な迷信 ■■

 ==========================================

メンタルヘルスセミナーで、必ずお伝えしていることがあります。

これは、わたしだけでなく、どこでやっているセミナーでも、必ず触れられていることだと思います。

それは、

「『死ぬ死ぬ』って言ってる人は、ほんとうに自殺したりしない」っていうのは、迷信です!」

ということです。

「誤った認識」や「誤解」という言い方もありますが、あえて「迷信」と言いたいと思います。

それほど、これは根拠がなく、実際はまるで反対なのです。

「結婚式は大安に」なんてことであれば、実害は少ないですが、これは、まさに人の生死に関わることであり、こんな迷信を信じていると、取り返しの付かないことになりかねません。

不幸にも自殺してしまった方は、その7割以上が、実行する前になんらかのサインを出していた、という調査があります。

具体的に、どのようなサインなのかははっきりわかりませんが、「死にたい」ともらす、ということは、その中でもはっきりした兆候です。

そのようなサインに気づいていたのに「まさか本気じゃないよね。だって、死にたいって言う人はほんとに死なないっていうじゃない」と、軽くとらえていて、一生の悔いを残す、というのは、実際にあることなのです。

お勤めしている人はたいてい、家族と過ごすよりもずっと長い時間を職場ですごしています。

ですから、同じ職場の人が、ほんとうに危険な兆候に気づけずにいると、家族もわからないということがありうるのです。

あなたの身近のだれかが「死にたい」と、ふと口にしたら、それが軽い調子だったとしても、きちんと受け止めて下さい。

「どうしたの? よかったら話してもらえないかな?」

この一言が重大な結果を防ぐかもしれません。

「死にたい」という言葉は、ほんとうは

「生きたい。でも、生きていくにはつらすぎる」

という意味なのです。

ゆめゆめこのような危険な迷信にとらわれないよう、そして、まわりにこの迷信を信じている人がいたら、それはまったく根拠がない有害な迷信だと、教えてあげて下さい。