あなたは、職場の同僚や上司、部下をどのように呼んでいますか?

日本の会社では、「◯◯課長」「◯◯部長」などの職位で呼ぶことが多いですね。それが敬称となっていますので、「◯◯さん」と呼ばれると、「軽く扱われた」とムッとする方もいるかもしれません。

また、社の方針として、社長からヒラにいたるまで「◯◯さん」に統一しているところもあります。

このあたりは企業風土によっても違いますが、「相手が呼んでほしいように呼ぶ」というのが基本です。

セクハラ・パワハラの裁判例などを見ていると、悪意のある不愉快な呼び方で相手を呼ぶ、ということが、セクハラ・パワハラの行為であるとされています。冗談のつもりでも、あまりにふざけたニックネームは、職場ではつつしんだほうがよいでしょう。

また、「おじさん」「おばさん」「ぼうや」「カノジョ」なども、職場にはふさわしくないですね。

よく、男性社員は「(苗字)くん」、女性社員は「(名前)さん/ちゃん」とする方がいますが、下の名前で呼ぶのは、親しみのあらわれであるとともに、相手を子供や目下として扱っていることにもなります。
習慣的にそのように呼んでいるとしても、言葉は意識に影響します。女性社員を、対等な職場の仲間として扱っているかどうか、一度、考えてみましょう。

名前を呼ぶことは「相手の存在を承認している」ことを示します。

名前を呼ばれることで、より相手に親しみを感じるという作用もあります。

営業や接客の方は、研修などで「お客様の名前を早く覚えて、◯◯様と呼びかけるように」と指導されたのではないでしょうか。

上司は、部下に対しては「ちょっとキミ」ではなく、必ず名前を呼ぶようにしましょう。

そのくらいのこと・・・と思いがちですが、毎日顔をつきあわせている職場なのですから、日常の小さなことが、あんがい人間関係に影響してきます。

名前の呼び方を、一度考えてみる、というのも、職場の人間関係を考えるヒントになりますよ。