◆◆==◆◆== 目 次  ==◆◆==◆◆

  1.オンラインセミナーをご希望に応じて開催します
  2.書下ろしコラム「仕事の意味と見通し」
  3.2020年1月からハローワークのサービスが充実

◆◆==◆◆==========◆◆==◆◆

出張中のホテルの部屋で、このメルマガを作成しています。
原稿書きなど、お客様の個人情報や機密に関わらない仕事は、事務所以外の場所ですることも多くなってきました。
カフェやファミレスなど、ざわざわしている場所でも、案外集中できるものです。
あまり長居すると迷惑ですが、1時間程度なら、ノートPCを持ち出して外で仕事するのも、気分転換になります。
いつもと同じことをやっていても場所を変える、意識的にやってみてはいかがでしょうか。
新鮮な気分で仕事に取り組めるかもしれません。

┏◆◆  
┃ オンラインセミナーをご希望に応じて開催します
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界中どこからでも、同じ時間を共有し、講師の話を聞くだけでなく、その場で質問をしたり、受講者同士が互いに意見を交換することもできるオンラインセミナー。

栃木在住で、東京まで新幹線で交通費をかけ、または在来線で時間をかけて、勉強のために通った経験から、自宅から参加できることは、とても魅力的です。

地方在住の方、子育て・介護等でまとまった時間がとれない方に、ぜひ利用していただきたい。そう思って、たびたびオンラインセミナーを開催しています。

とはいっても、「難しそう」「パソコンが苦手だから自分にはムリ」と、敬遠する方も多いのは、常々感じているところです。

パソコンが苦手といっても、LINE等でスマホを使ってビデオチャットをしたことがある方は多いのではないでしょうか。
または、お仕事で、Skype を使って遠方の方と打ち合わせをしたことがある方もいらっしゃると思います。
当事務所でセミナーのときに使っている Zoom というオンライン会議用のソフト(アプリ)は、スマホからも利用でき、LINEや Skype のビデオチャットに近い使い心地です。

初めて参加される方からは「やってみると、思ったよりずっと簡単だった」と言っていただけます。

現在オンラインセミナーの予定はありませんが、ご希望があれば、3名様から開催します。
人数の上限はありません。

めやすとなる料金は、2時間でおひとり4,000円です。
このメルマガを購読されている方、ご担当者が購読されている会社の従業員の方は、優待価格で3,500円になります。
10名を超える場合は、別途ご相談ですが、ひとりあたりの価格はより安くなります。

おふたりお友達を誘えば、ご相談の上、ご自分の都合のいい日時にオンラインセミナーを受講することができます。

こんなテーマはいかがですか?

◯ メンタルヘルス・ダイエットに役立つ、マインドフルネス入門

◯ 個人事業主・小規模企業のためのSNS活用法

◯ 働き方改革の具体的な取り組み方

◯ 健康経営、はじめの一歩

◯ 給与計算・年末調整(4時間または6時間)

その他、ご希望の内容があれば、柔軟に対応いたします。

お問合わせはこちらからどうぞ。

お問合せ

直接、面談・お電話・ビデオチャット等でご相談したい場合は、こちらからご予約ください。
reserva.be/yhlee

┏◆◆  
┃ 書下ろしコラム「仕事の意味と見通し」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月11月は、年末調整の実務セミナーで、あちこちで登壇します。

このセミナー、年末調整が「手計算」できるようになるという内容です。

わたくしが社労士になった20年前は、まだ、小規模な会社では紙と電卓で計算しているところもたくさんありました。

たいていは、「源泉徴収簿」という国税庁で用意した様式を使って計算していました。
様式はこちらからダウンロードできます。

www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h31_03.pdf

わかりにくいものが多い役所の様式の中では、これはなかなかすぐれもので、番号順に計算していくと、年末調整ができあがるようになっています。

セミナー会場で「源泉徴収簿って見たことありますか?」とお聞きすると、「なにそれ? 食べられるの?」みたいな視線が返ってきますが、いまでも現役で、国税庁のサイトに行くと、入力機能がある pdf ファイルも提供されています。

www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_03.htm

源泉徴収簿は現在でも手に入りますが、いまでは、どこの事業所様でも、会計事務所に依頼するか、給与計算ソフトを使って計算するのがふつうです。
むかしのように、紙と電卓でやっているところは、ほとんどないでしょう。
それなのに、なぜ、「手計算」なのか。

まず、手計算できるようになると、ひとつひとつの作業の意味がわかるようになります。

給与計算ソフトでは、元になる数字を入力すると、結果が自動的に返ってきます。
とても便利ですが、入れたものと、出てくるものとに、どのような関連があるのか、自分でやっていてもわからない。ブラックボックスですね。
どういう計算がされているか、だいたいでもわかっていないと、入力が間違っていて、とんでもない結果が出てしまっても、その間違いに気づくことができません。

手計算ですと、入力と出力の間の計算式を学ぶので、明らかに異常な数字が出てくれば、「なんだかおかしい」とすぐにわかります。

何年か年末調整の業務をやっていると、そのあたりの「だいたいこのくらいの数字になる」という、いわば「相場観」ができてくるものですが、最初のうちはそういうわけにいかないので、やはり計算式を知っているにこしたことはありません。

もちろん、覚える必要はなくて、手元にすぐにわかる資料があればいいだけです。

ただ、まったくなにもわからない状態だと、資料のどこを見ればよいのかさえ、わかりませんね。

3時間程度のセミナーを受けても、すべて頭に入るわけではありませんが、「あ、あのへんの話だったな」と、インデックスが頭の中にできれば、勉強の効果としては十分です。

もうひとつ、もっとたいせつなこととして、年末調整という、自分がやっている仕事の意味と、仕事の全体の流れがわかるようになる、ということがあります。

実は、仕事の意味や全体像を知っていようがいまいが、作業の能率が変わるわけではありません。

ただ機械のように、言われたことを正確にこなしていれば、年末調整の作業自体はできてしまいます。

でも、人間は機械ではありません。

自分のやっていることに、「意味」を求めるのが人間です。

同じ作業をするのでも、まったく意味がわからない状態でやらされていると、すぐにあきてしまいますし、とても疲労感を感じます。

いっけん単純作業のようでも、意味がわかっていると、とりくむ気持ちが違ってきます。
また、仕事の「意味」だけではなく、全体の流れ、この先どのように進んでいくかを知っている、つまり「見通し」がついているかどうかも、違いが出てくるところです。

全体の中のどのあたりをやっているのか、ここを正確にやるかどうかで、結果がどう変わっていくるのか、そのようなことを知っているか知らないかで、モチベーションに大きな影響が出てきます。

知らない場所を、地図もなく歩こうとすると、「こっちに向かって行けばつくよ」と言われていても、ごく短い距離でも、とても長く感じます。

しかし、地図があって、先の見通しがつき、目的地までの距離もだいたいわかると、初めての道でも、不安なく歩くことができます。

とくに単調になりがちな仕事をまかせるときには、その仕事の「意味」と、全体の「見通し」を伝えることが、仕事自体のやりがいに直結するのです。

もちろん、これは年末調整の実務だけではありません。
どのような仕事についても言えることです。

従業員が単純作業にあきてきているな、と感じたら、仕事自体の意味合い、全体の中でいまどのあたりをやっていて、このあとはどうなるのか、ということを、説明してみてはいかがでしょうか。

また、管理職の方は、「これ、やっといて」と、やり方の説明をするだけでなく、「意味」と「見通し」を常に意識して説明する習慣をつけることが、部下のモチベーションに作用することを知っておきましょう。

┏◆◆ 
┃ 2020年1月からハローワークのサービスが充実
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

厚生労働省から、「2020年1月6日からハローワークのサービスが充実します!」という案内がありました。

www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06574.html

そのポイントを紹介します。

***ポイント① 新サービス「求人者マイページ」で、会社のパソコンから求人の申し込みができる。***

● ハローワークインターネットサービス上に「求人者マイページ」を開設すると、会社のパソコンから次のサービスを利用いただけます。

・求人申込み
・申し込んだ求人内容の変更、求人の募集停止、事業所情報の変更など
・事業所の外観、職場風景、取扱商品などの画像情報の登録・公開
・ハローワークから紹介した求職者の紹介状の確認、選考結果を登録
・メッセージ機能(ハローワークから紹介した求職者とのやりとり)
・求職情報検索

***ポイント② 新しい求人票で、より詳細な情報を求職者に提供できるようになる***

● 求人票の様式が変わり、掲載する情報量が増え、求職者に対して求人情報をより詳細に伝えることができるようになります。

● ハローワークインターネットサービスとハローワーク内のパソコン(検索・登録用端末)が一本化され、求人情報の内容や検索方法が同じになります。

実際に求人票を作成する際のアドバイスについてもお任せください。