メンタルサポートろうむ

メンタルヘルス・ハラスメント対応に強い社労士事務所です。
お問合せはお気軽に。初回ご相談は無料です。
TEL 028-652-7208  
(個人的な内容の無料相談はお受けしておりません)

Year: 2013年

第76号 聞きたいことを聞かない

昨日、このメルマガでもご案内していました「コミュニケーション力をアップする聴き方セミナー」を開催しました。 3時間のうち、講義時間は40分程度。あとはみっちりワーク、ワーク、ワーク、というセミナーでした。 最初は、「なに […]

第75号 感情を表す言葉

人間の体は、気候からさまざまな影響を受けることがあります。 なんだかこのごろだるくて体が重い、どこか調子が悪いのかな? と思っていたら、低気圧の影響ということもあるのです。 もちろん、それだけではなく、食べ物、活動、気分 […]

第74号 旅行中に医者にかかったとき

関東地方は先日梅雨入りしましたが、その後はさわかやないい日和が多いですね。 週末はご家族ででかけるのも楽しい時期です。 とくにお子さんのいるご家庭は、遠くに行かなくても、子供の頃のかけがえのない思い出になりますね。 +。 […]

第73号 医者にかかるめやす

初夏の陽気が続きますね。 さわやかな日でも、暑がりのわたしは、ひとりで汗をかいています。 セミナーで壇上に立ってしゃべると、座って聞いている参加者の方は涼しい顔なのに、暑くてたまらず、「失礼します」と上着を脱ぐこともたび […]

第72号 ハラスメントの相談があったら

いままで、研修やセミナーでは、「心構え」という精神的な問題に落とすのではなく、「どのように行動するか」という点を主軸にお伝えしてきました。 でも、橋下大阪市長の従軍慰安婦についての発言を見ると、考え方の根っこに人権意識が […]

危険な質問

「叱責するための質問」をいつも口にしていると、ふつうに質問しているときでも、相手は 「この人に質問されたら、それは責められているということだ」 と、受け取りやすくなります。 責められていると思うと、たいていの人は固まってしまいます。つまり、頭がうまく働かなくなり、「相手の頭を回転させる」という質問の効果がだいなしですね。

第69号 しばらく道なりです

新しい環境になり、毎日の緊張と疲れがだいぶたまっている人も多いのではないでしょうか。 今週1週間がんばれば、ゴールデンウィークです。 1週間の生産性は、月曜日がいちばん高く、どんどん下がっていき、週末の前日にはちょっとあ […]