CIMG3590
月に1回程度、声楽家の方に、ボイストレーニングのグループレッスンを受けています。きのうは、その2回めでした。

ボイトレというと、上手に歌うためのもの、という感じですが、姿勢や力を入れる部分、力を抜く部分を主に教わっていて、歌が上手下手というレベルには、まだほど遠いですね。

歌がうまくなれば楽しいだろうな、というのもあるんですが、主目的は、セミナーなどの際に3時間以上しゃべり続けても、のどが疲れない、よい発声法を身につけることです。

目的にむかってレッスンに励むと、とてもストレス解消になる、という二度おいしいおけいこごとです。

興味のある方は、にしむら音楽教室さんまでお問合せ下さい。

 ==========================================

   ■■ 小学校で習った方法 ■■

 ==========================================

「理屈はいいから、言われたとおりにやれ」

若手のころ、上司からこのように言われたことがある人は多いのではないでしょうか?

新たに管理職になる適齢期は、およそ30代後半あたりでしょう。この年代の方が若手だった10年から15年前というのは、まだ「パワハラ」という言葉もなかった時代です。

上司は部下を威圧して率いていく、というやり方がふつうで、多少納得がいかないことがあっても、「こんなものだ」と自分を納得させるのが、一人前になるひとつの方法論でもありました。

ところが、自分が管理職になったときに、いまの20代にそのようなやり方で接しても、まず通用しません。

冒頭のような言葉で、相手が従えばラクなのですが、これでは部下は納得せず、上司との信頼関係が育ちません。

自分が育てられたときのやり方が、人を育てる立場になったときに通用しない。現在の管理職は、大きな困難に直面しています。

では、どうしたらいいのでしょうか。

厳しい指導が難しくなっているとはいっても、上司が部下との間に信頼関係を築く方法は、昔といまで、大きくかわっているわけではありません。

管理職としてのコミュニケーションの取り方は、あんがい、小学校で習ったレベルの基本的なことと重なる部分も多いものです。

基本が大切、という言い尽くされたことですが、ひとつひとつの具体的な行動にあてはめてみるということは、実はなかなかできていないものです。

子供の頃に戻って、思い出してみて下さい。

あいさつをするときは、どのようにしましょう、と習いましたか?

人の話を聞くときは、どのようにしましょう、と習いましたか?

人に話をするときは、どのようにしましょう、と習いましたか?

そして、おとなとしてそれを実行している自分を想像してみて下さい。

ふだん自分がやっている方法とは、どのように違いますか?

あっ、と思ったことがあれば、きょうから実行してみましょう。