CIMG3093
猛暑とともに、毎日夕方になると雷雨に襲われているここ宇都宮です。

きのうは、雷、ヒョウ、突風、豪雨の4本立てで、洗濯物の竿が落ち、ハンガーなどが壊れるという、ちょっとした被害がありました。

雷がすごい勢いで鳴ると、「じゃんじゃんばりばり」というフレーズがなぜか頭に浮かび、コワイというより爽快な気分になるのは、わたしが身も心も栃木の人間になった証拠でしょうか。

 +。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:+。::゚。:.

当事務所のサイトをリニューアルいたしました。
まだまだ発展途上のサイトですが、積極的に情報を発信していきますので、ぜひご利用下さい。
コメントフォームからご意見をお寄せいただけるとありがたいです。

yhlee.org

 ==========================================

 ■■ 評価ポイントを増やす ■■

 ==========================================

きのうの「持ち味カード活用セミナー」の参加者の方から、下のようなご感想をいただきました。

「管理職対象の企業研修を行うと、中高年の方はなかなかほめるということが難しいと感じますが、このカードを使うと、ほめるための言葉や行動のポイントがはっきりわかるので、いいですね」

わたし自身も、

「社内の人間関係をよくするためには、ほめる、認める、ということが効果的です」

という話をよくしますが、いざ現実の場面になると、いままであまり他人をほめた経験のない方は、

「どこをほめたらいいのかわからない」
「なんと言っていいのかわからない」

ということになりがちです。

そのためには、まず観察が大事です、という話になるのですが、観察するとはいっても、その人の中に、「ここがほめるべきポイント」という判断基準がないと、意味もなくじーっと見つめて相手を怖がらせる、というトホホな状況になりかねません。

「持ち味カード」の中には、ビジネス必要な要素とともに、その要素を行動に表したときの例が記載されています。

たとえば「自己理解」というカードの行動例は次のようなものです。

・自分の長所や短所を把握している。
・仕事や生活に自分の長所を活かしている。
・自分なりのストレス解消法を持ち、実践している。
・自分の苦手なことやできないことは、素直に他者の力を借りている。

どうでしょうか。身近にこのような行動をしている人がいるのではないでしょうか。

そういう人は「自己理解ができている人」ということになります。

そして、このような行動をしたときに、そのまま伝えてあげることが、その行動を「認める」ことになるのです。

「あいつは、どうも自慢話が多い」

ではなく、

「自分のいいところをよくわかっているね」

と言えますし、

「ちょっと困るとすぐに他人に頼る、根性のないやつだ」

ではなく、

「自分に不足なところは、意地を張らずに得意な人にちゃんと頼めるんだね」

ということになります。

同じ行動を見ても、評価ポイントがあるかないかで、「認める」ことができるかどうかが違ってきます。

また、自分の中にはないボキャブラリも、カードの中から選ぶことで、新たな発見をすることもできます。

もちろん、カードを使わなくても、ほめる、認める、ボキャブラリーを増やす、判断ポイントを増やす、という努力をすることはできますが、なかなか「これが有効!」という方法がないのが実情です。

こんなに簡単にほめるボキャブラリと評価ポイントが見えるツールがあれば、部下の指導がぐっと楽になりそうです。

「持ち味カード」を使用した社内研修、または、「持ち味カード」自体に興味がある場合は、お気軽に当事務所にお問合せ下さい。

 +。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:+。::゚。:.

明日の開催です!

チャリティ Korean Cafe もおかげさまで1周年となりました。
記念すべき第13回にぜひご参加下さい。

サンギョプサルで呑んでる会!
サンギョプサル(豚三枚肉の焼肉)を中心に、ホルモン、野菜たっぷりの女性にもうれしいお料理です。
ビール、韓国焼酎、マッコリ、サワー類などが飲み放題となります。

楽しくわいわいおしゃべりして、地元を元気にするために、募金という形でちょっとおすそわけしましょう。

★★募金にご協力いただいた方には「龍門家さんで生ビールが飲めるカード」をプレゼントいたします!★★

7月13日 第13回チャリティ Korean Cafe & サンギョプサルで呑んでる会