3連休が終わった、とちょっとゆううつな気分でしょうか?
連休初日には、新大久保に遠足に行って来ました。
第5回の チャリティ Korean Cafe です。
年齢性別職業、ばらばらの9人が、いっしょに韓国料理のランチを食べ、
コリアンタウンをうろうろ・・・
少し雨模様でしたが、みなさん、すっかりうちとけ、ホットな心で楽しく
すごせました。
次回の開催は12月15日(土)です。
お腹も心も満足して、ちょっぴり韓国にくわしくなれるお得な企画。
ぜひお友だちお誘い合わせておいでください。
第6回 チャリティ Korean Cafe
kokucheese.com/event/index/61759/
 ==========================================
   ■■ あやまれないとき ■■
 ==========================================
なにか失敗してしまったとき。
一瞬、
「ばれないように、ごまかせないだろうか」
という気持ちが心をよぎります。
顔が青くなったり赤くなったり、いやな汗が出たり、場合によっては
めまいがしたり。
「どうしようどうしようどうしよう」
という言葉だけがぐるぐる回って、たちすくんでしまったり。
わたしはもうじき50歳になりますが、いまだにこんな調子です。
先日も、わがやの外壁工事で駐車場がふさがっていたので、ご近所のお宅の
駐車場を借りていたんですが、バックで入れるのに失敗して、鉢植えの容器に
ぶつけて少し割ってしまいました。
そのお宅の玄関のチャイムを鳴らしてあやまるまで、3分くらいはつったって
いたでしょうか。
あやまってしまえば、別になんてことはありません。
いつも親しくしているご近所の方が、目を吊り上げて怒りだすなんてことが
あるわけもなく、笑って許してもらえました。
でも、割った途端に「ごめんなさい」をする気持ちにはなれなかったんですね。
これほど、あやまるのは、難しいことです。
明らかに自分に責任があっても、どうしてもあやまれず、無理な言い訳を
したり、逆ギレして居丈高にどなったりする人がいます。
まだ問題が小さいうちに、あやまって、どのように対処したらよいか
周りの人に相談すれば、「だれにでも失敗はあるよ」ですんでしまったことが、
大問題となり、本人も傷つき、周りにも迷惑をかけるという結果になることが
あります。
自分の失敗を認めてあやまれない人は、プライドが高いのでしょうか。
実はこれは逆なんです。
自己評価が低く、自分に自信がないから、ほんのちょっとの失敗でも、
もしそれがとがめられたり、叱られたら、自分のすべてを否定されたように
感じてしまう。
だから、自分のあやまちを認めて「ごめんなさい」をすることができないのです。
最初に書いたような状況にすぐになってしまうわたしも、実は、ちゃんとした
自尊感情をもてていないのかもしれません。
でも、3分や5分で立ち直って、きちんと謝罪ができれば、社会人として
とくに問題はありません。
もし、あなたの部下が、自分の失敗を隠そうとしたり、なかなかあやまれない
ようであれば、
「おとななのだから、きちんと謝罪できて当たり前。できない部下が悪い」
ではなく、
「いつも否定されているので、最初から身構えてハリネズミのように
なっていないか」
という視点で考えてみる必要があります。
相手を「認める」「ほめる」ことが、トゲトゲを溶かす近道です。
「上司はお母さんじゃない」とお思いかもしれません。
でも、子育てと部下の育成は、とても重なるところが多いものです。
そして、あなた自身が、なかなかあやまれない自分に気づいていたら、
自分で自分のよいところを認めてあげているか、
いつもあまりに忙しくて余裕を失っていないか、
点検する必要がありそうです。
 +。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:+。::゚。:.
まだ間に合います!
★ 11月28日(水) 会社を元気にする! メンタルヘルス講座 ★
kokucheese.com/event/index/56822/
忙しい12月だからこそ、ストレスを知って自分にやさしくしましょう。
★ 12月12日(水) ストレスと上手につきあうセミナー ★
kokucheese.com/event/index/58739/
 +。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:+。::゚。:.