メンタルヘルス・ハラスメント対応・女性活躍推進に強い社労士事務所です!

ハラスメント事案調査報告

会社に対して、ハラスメントの相談があったとき、どのように対応しますか?

いちばんよくない対応は、無視する、握りつぶす、相談してきた人を退職に追い込む、というものです。

相談対応に問題のあった判例

岡山セクハラ(労働者派遣会社)事件

(岡山地裁 平成14年5月15日 平成11年(ワ)1052号)

事件の概要
  • 会社の専務(被告)が、会社の後継者としての地位をちらつかせ、支社長であった女性(原告)に肉体関係を求めた。
  • 原告(被害女性他ひとり)がセクハラの訴えをしたが、会社は十分な事情聴取をせず、翌日には原告と被告双方に、減給・降格の処分を下した。
  • 被告は自らのセクハラ行為を認めないばかりか、原告らについて「淫乱だ」などの噂を立てた。
  • 原告はその後平社員に降格され、給与もさらに減らされ、最終的には給与が入金されなくなり、退職した。
結果
  • 被告の不法行為責任を認定。原告ふたりに対する慰謝料は230万円。
  • 原告らが職場に復帰できなくなるまで職場環境の悪化を放置したとして、 会社自身の不法行為責任も肯定。原告ふたりに対する慰謝料は各50万円、1年間分の給与相当額の損害賠償 (合計1528万円、1480万円)も認められた。

こんなひどい対応はありえない! 当社ではまじめに被害者の話を聞こうとしている、という事業所様についても、担当者のうっかりした一言で、問題が拡大してしまいます。

こんな対応はNG!

最初から疑ってかかる

「それってほんとうなの? なにか勘違いしてるんじゃないの?」

行為者を弁護する

「◯◯さんはそんなことをする人じゃないよ」

被害者の行動を非難する

パワハラについて「きみも日頃から仕事に対する態度に問題があるよね」
セクハラについて「なにか誘うようなことを言ったんでしょう?」

個人の責任にする

「こういうのは個人的なゴタゴタだから、会社としてはそこまで関与できないね」

行為者、関係者へのヒヤリングも困難

さらに、行為者へのヒヤリングについても、気をつけなければならない点が多々あります。

最初から犯人扱いする

決まってもいないのに懲戒をちらつかせる

逆に被害者の相談をウソと決めつけ、真剣に事情を聞かない

関係者へのヒヤリングで、被害者のプライバシーを漏らしてしまう

ヒヤリングは法律・心理の両方に通じた専門家にまかせるのが安心です

セクハラ・パワハラ防止コンサルタントとして、事例や対応方法に精通しています

社会保険労務士として労務管理に長い経験があります

産業カウンセラーとして相手を傷つけずに事情が聞けます

社内の人に話しづらいことも、守秘義務がある外部の専門家には安心して話せます

全国対応、夜間・土日も対応します

料金の一例

ご予算に応じて相談にのりますので、まずはご連絡ください!
顧問先様は 30%オフです。

安心・便利な月払いのサポートプランがあります。

調査(ヒヤリング)料金

  • 6,000円/30分
  • 交通費・宿泊費 実費(栃木県内は無料)
  • 片道3時間以上、または宿泊が必要な場合は、20,000円プラス

報告書

  • 20,000円~
  • 面談して報告する場合、5,000円/30分
  • 交通費については、ヒヤリングと同じ

急を要する案件にも対応、秘密厳守いたします。まずはご相談ください。

お電話で・・・028-652-7208

メールで・・・お問合せ

お問合せはお気軽に! 初回ご相談は無料です。全国対応いたします。 TEL 028-652-7208 (個人的な内容の無料相談はお受けしておりません)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © メンタルサポートろうむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.