映画『コンフィデンシャル/共助』公式サイト

ユ・ヘジンをユ・ヘジンとして認識したのは、たぶん『王の男』だったと思う。
もちろん、それ以前も彼が出ている映画はかなり見ていたのだが、「よく見る脇役の達者な俳優」という認識だった。
実際、助演としてのキャリアは長い。

ごひいきの俳優のひとりなので、昨今の活躍ぶりには、目をみはるばかりである。

2016年は、この『共助』と『LUCK-KEY』。
どちらも主演でヒットを飛ばした。
その後、助演ではあるが『タクシー運転手』『1987』で、印象に残る役を演じた。

バラエティ『三食ごはん』への出演も、活躍ぶりのひとつだろう。

この映画では、人間味あふれる、しかし、それだけに、ルールから逸脱しがちでうだつのあがらない刑事というキャラクター。
やっぱり、「いい人」が似合うようねぇ。

よくまとまった脚本で、アクションシーンの迫力も申し分ない。
クールなヒョンビン、人情派のユ・ヘジン、冷酷非情なキム・ジュヒョクという、それぞれのキャラクターもくっきりしている。
この映画の好演を見るにつけ、ほんと、キム・ジュヒョクの早逝は惜しい。

南北のキャラクターが逆、つまり、北の刑事が田舎臭いおっさんで、南の刑事が二枚目だったら、ぜんぜん絵にならないので、動かしようもなくはまった配役だ。

音楽は月並みといえば月並みなのだが、物語の暗い側面を救って「アクション大作ですよ~」「娯楽作品ですよ~」と告げているようで、わたしはけっこう気に入った。

しかし、超人的に強い北の工作員という設定は、正直もうおなかいっぱい。
またか、という気持ちは抑えられない。
映画的には、とても便利な設定だから、しょうがないのかもしれないけど。


メモ

邦題 コンフィデンシャル/共助
原題 共助 공조
監督 キム・ソンフン
俳優 ヒョンビン
ユ・ヘジン
キム・ジュヒョク
ユナ
関連書籍
劇場/媒体 U-next
製作国 韓国
観た日 2019/01/01