1)画像はすべて映画『無頼漢 渇いた罪』公式サイトより
監督・脚本のオ・スンウクは、『グリーン・フィッシュ』や『8月のクリスマス』の脚本書いた人なんだー。
うーん、そのわりにはなんかぴりっとしない脚本だ。

チョン・ドヨンが、キューピーちゃんみたいな童顔にも関わらず、しっかりファム・ファタルを演じている。
それも、男の目から見て、謎めいてなぜかはまってしまう、というだけでなく、人間らしさの厚みがある演技。


パク・ソンウンも、キム・ナムギルもとても魅力的。

そして、全編に漂ううらぶれた雰囲気。

韓国のぼろい建物って、ほんとにてきとーに建てたという感じで、貧乏たらしいことこの上ない。
そういう風景はいやというほど堪能できる。

もうこの先なにもない、という絶望感は伝わってくる。
もう疲れちゃったから絶望したくて絶望してるというヤケクソな感じでもある。

全体の抑えた色合いといい、そういう空気に共感できるかどうか、が問題だよね。
結果的にいうと、そんなに悪くないと思いつつ、なんかだるい、という感想で終わってしまった。



メモ

邦題 無頼漢 乾いた罪
原題 무뢰한
監督 オ・スンウク
俳優 チョン・ドヨン
キム・ナムギル
パク・ソンウン
カク・トウォン
キム・ミンジェ
関連書籍
劇場/媒体 Amazon ビデオ
だれと
観た日 2017/06/28

Footnotes   [ + ]

1. 画像はすべて映画『無頼漢 渇いた罪』公式サイトより