4月末時点のベストテン。

1位:ムーンライト
2位:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
3位:シングルライダー
4位:リリーのすべて
5位:お嬢さん
6位:弁護人
7位:コクソン
8位:ハイヒールの男
9位:美女と野獣
10位:アシュラ

5月に見た映画は20本
うち3本が劇場。

1位:ムーンライト

2位:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

3位:マグニフィセント・セブン

期待通りで、堂々のベストテン入り。
アクションは文句なし。

4位:シングル・ライダー

5位:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ティム・バートンだなぁって、感じの映画。
日常の中では平凡だけど、こことは違うある世界では選ばれた存在である少年。
こういう王道ファンタジーが好き。

6位:リリーのすべて

7位:お嬢さん


8位:弁護人

9位:僕の妻のすべて

とくになんてことない映画なんだけど、すべてにおいてよくできてる。
とくに、リュ・スンニョン最高。

10位:コクソン