今年見た映画29本。
1月2月は少くて、2月の末に久しぶりにソウルで映画見たら、その後スイッチ入ったかのように、わたしとしては本数見てる。
3月にNetflixに登録、4月初めに友人宅でヴィデオ見ながら飲み食いしよう、という集りに参加して映画好き同士のおしゃべりがめっちゃ楽しく、その熱が冷めぬ間に映画ドン参加。
これは流れ来てるよね~。

DVDにならない良作といえば、いつも言っているが『エレンディラ』。イレーネ・パパス見るだけでも価値がある映画。

韓国の女優、美貌で売ってない人も、たいがいスタイルめっちゃいいのよね。足長いし。

きょうは『バーニング・オーシャン』見に行こうと思っていたのに、なぜか予約したら『3月のライオン前編』になっていた。刺激の強いもの見るには、ちょっと疲れてるかしらw

イ・チャンドンといえば、『グリーンフィッシュ』がすごく好き。わたしの韓国映画体験の原点かも。若きハン・ソッキュの、チンピラになりきれない青さが最高。ムン・ソングンは、あとでそのインテリぶりを知って驚いた。この映画だと、ヤクザにしか見えなかったもんなー。シム・ヘジンの歌がヘタなところもw

『グリーンフィッシュ』はDVDあるよ。韓国ノワールに惹かれる方は必見ですじゃ。http://amzn.asia/3vImabE

韓国語勉強してよかったことは、第一には亡き祖母の昔話が理解できるようになった、ってことだけど、韓国映画を字幕に頼らず見られる、っていうのも大きいなー。

ハン・ソッキュの出演作眺めていたら、『2階の悪党』が未見だと気づく。キム・ヘス姐さんとの共演なのに! 思わず DVD ぽちったw

『3月のライオン前編』見てきた。考えてみたら、ことし初めての邦画だよ。

去年はどうかと思ったら、『ちはやふる上の句』1本しか見てない。まあ、全体でも27本と少なかったんだけどね。

あした後編見に行くよ。

主人公の感情に合わせて、突然ドラムが全面に出てくるとこあったけど、すごい唐突に感じた。リズム自体は悪くなかったけど。>『3月のライオン』

映画で好きなのは、終わって外に出たときに、暗くなってたり、寒かったり、とつぜん現実に戻る感じ。いまだと運転して帰らないといけないから、急いで正気に戻る。

最高なのは、オールナイト見て出たときの、しらじらした早朝の風景ね。

いつもは人でいっぱいの繁華街ががらーんとしてると、人類滅亡して自分だけ残っちゃったって妄想して楽しんだものですw

ほんとに人類滅亡だったら、最初の一発で死にたいものだ。残って苦労したくない。