aiuta-movie.com

U-next で。

日本では少数の劇場でしか上映されてない。

上にリンクした公式サイトも、1枚ものでぺろっと作ってある。デザインもきれいだし、これで十分だけども。

美しい邦題につられて、恋愛ものかと思ったりすると、がっかりします。恋愛はテーマになっているけど、どっちかというと復讐譚かなぁ。

この映画で楽しかったのは、ハン・ヒョジュチョン・ウヒの衣装である。

キセン(妓生)のふたりは、お座敷以外のプライベートでもいつも韓服なのだが、伝統的な生地ではなく、洋服用の生地で作られていて、チマ(スカート)の丈はくるぶしが見える程度。とてもかわいい。

ハン・ヒョジュがいつもポソン(足袋)とコムシン(韓国風の靴)を履いてるのに対し、チョン・ウヒはヒール。そして、花模様のチョゴリ(上着)が多いハン・ヒョジュに対して、チョン・ウヒはストライプやチェックなどでモダンな感じ。

写真がちょっと小さいけど、足元わかるかな。

(画像出典 U-next『愛を歌う花』

レコード発売前に公演(といっても、場所はキャバレーだが)したチョン・ウヒが、打ち上げの場でハン・ヒョジュといっしょに歌うのだが、かたやキセンからは足を洗って垢抜けた洋装。それに比べてハン・ヒョジュのほうは、黒のレースのチョゴリとくどい色の花模様のチマで、きれいはきれいなんだけど、並べるともっさり見えるし古臭い。

このあたり、男の気持ちが移っていくのをきれいに見せている。

ただ、美術はあんまりいただけなくて、暗めの照明が効果的だった『王の涙』を見た後では、ぺったり明るい画面が多いのが、どうも安っぽく見える。植民地時代のセットも、きれいすぎていかにもセットという感じ。

いちばん違和感あったのが、ユ・ヨンソクのルックス。留学していた芸術家、ということでこういう感じにしたんだろうけど、現代の青年にしか見えない。

(写真 出典:詩人 尹東柱

これが植民地時代に日本に留学していた青年たち(後列右が詩人の尹東柱)の実際の写真。センスのよい洒落者だったとしても、雰囲気が違いすぎる。

それと結末近くで、ハン・ヒョジュを囲う日本の軍人(パク・ソンウン)の家の中が、なんともいえない妙なインテリアである。「よくわかんないけどこういうの日本的かなー」というのをいろいろ盛り込んだ感じ。でも、ぜんぜん違う。

この当時、京城(現在のソウル)には日本式の家屋もたくさんあったはずだが。

パク・ソンウン、日本語で演じているが、韓国の観客から見たらこの程度でだいじょうぶなんだろうなーという程度。この映画が日本で受けるとはとても思えないので、まあこのくらいでいいのかも。

原題は『解語花(ヘオファ)』。

キセンの別名で、言葉を理解する花、ということである。

キセン学校で、この言葉を「芸道に精進するという意味」云々と説明するくだりがあるが、これからほんとにキセンになろうという少女たちに吹き込むには、あまりに罪がありすぎる説明だろう。

実際に「手折られるもの」という意味だとあとでひっくり返されるが、それ以外にも、言葉は解するが自分からは言葉を発しない、意思のない単に美しさを愛でるもの、という含意もあるよね。

恋人を親友にとられたハン・ヒョジュが、日本人の有力者の囲い者になることによって権力を得てふたりに復讐するという話。

恋の恨みと、歌手としての嫉妬、ダブルなのでまったく救いがない。

ふつうは、どんなにくやしくてもなにもできずに終わるのだが、たまたまキセンという立場で、その気になれば権力に近いところに行けるというのが仇になった感じ。

陥れるための策略も確かにひどいけど、破滅した原因はそれぞれ自分たちで作ったというのも皮肉だ。

ふつう、親友の恋人ってそれとわかるものだけど、チョン・ウヒはわからないふりをしているのか、ほんとうに超鈍感なのか、最後まで罪悪感ゼロなので、あまり気の毒に見えない。

最後のハン・ヒョジュの老けメイクは微妙。別の役者にやらせてもよかったんじゃないかな。